教員研修の紹介

長期研究員講習

神奈川県内の各教育委員会所属の長期研究員を対象とした研修会です。
長期研究員の他、長期指導研究員指導担当の指導主事の方も受講できます。

 2019年度は神奈川県立総合教育センター善行庁舎にて、4月17日(水)9:30~12:00の日程で、
「教育実践研究の方法」と題し、本学脇本健弘准教授による全体研修を行い、 神奈川県内の長期研究員と指導主事約50名が参加しました。 

研修は、講義、個人ワーク、グループワークを組み合わせながら進みました。グループワークの際には、教職大学院の野中陽一教授、北村公一教授、名執宗彦教授、大内美智子教授、石塚等教授が各グループをサポートしました。

長期研究員講習「教育実践研究の方法」 Clip1

長期研究員講習「教育実践研究の方法」 Clip2

長期研究員講習「教育実践研究の方法」Clip3

全県指導主事講習

神奈川県内の各教育委員会所属の指導主事等を対象とした研修会です。

2019年度は本学教育文化ホールにて、4月23日(火)9:00~12:00の日程で、「新学習指導要領等を含めた最新の国の動きについて」と題し、本学石塚等教授による全体研修を行い、神奈川県内の指導主事約80名が参加しました。

講習の前半は講義で、後半は分科会におけるグループ別協議が行われました。前半の講義は教職大学院の石塚等教授が行い、後半のグループ別協議には野中陽一教授、北村公一教授、松原雅俊教授、大内美智子教授、脇本健弘准教授が加わり、助言を行いました。また今年度の講習から、教職大学院の科目「学習指導要領と教育課程の編成」の授業を兼ねていることから、教職大学院の院生13名が参加しグループ別協議をサポートしました。

全県指導主事講習「新学習指導要領等を含めた最新の国の動きについて」Clip1

全県指導主事講習「新学習指導要領等を含めた最新の国の動きについて」Clip2

全県指導主事講習「新学習指導要領等を含めた最新の国の動きについて」Clip3

ページの先頭へ

C