教職大学院での学び
Education

教職大学院のカリキュラム

教職大学院では、理論知と実践知を高いレベルで相互に関連付けながら修得し、教育実践力の向上を目指すための学修が展開されます。教育実践力は、様々な観点から評価することができますが、本学教職大学院においては、目指す教員像を次のようにとらえています。

学部新卒学生の方

  • 教科等の専門的知識と高度な実践的指導力を備えていること。
  • 自ら教育実践上の問題を発見し、その解決に努めることができること。

現職教員の方

  • 地域や学校における指導的役割を果たし得る確かな指導理論と優れた実践力・応用力を有すること。

こうした教員を育成すべく定められたカリキュラムポリシー(教育課程編成方針)に基づき、図1に示すようなカリキュラムを構成しました。

年間を通した学校実習、その実践を省察するとともに課題の解決に向けた教育実践研究を進める課題研究、実践的な教育研究と教科の内容を深化させるための講義及び演習を行う共通科目・選択科目が設定されており、理論と実践の往還によって教育実践力の向上を目指します。

図1 教育実践力の向上を目指すカリキュラムの全体像

各カテゴリーの科目は、次のような目的をもって設定されています。

  • 共通科目:神奈川のスクールリーダーに求められる基盤的な内容を学修します。「神奈川の教育課題」に関する科目を含みます。
  • プログラム共通選択科目:共通科目の各授業を土台として、学生一人一人の専門性や課題意識に応じた学修を深めたり、高度な研究能力を育んだりするための科目を幅広く設定しています。このうち、プログラムを横断するような教科横断的で総合的な科目を、プログラム共通選択科目として設定しています。
  • プログラム別選択科目:上記と同じく、学生一人一人の専門性や課題意識に応じた学修を深めたり、高度な研究能力を育んだりするための選択科目で、各プログラム及び教科等に関わる具体的な内容を扱います。
  • 学校実習科目:学校における教育活動や実務全般について総合的に体験し、授業や学級経営に関する基本的なスキル等を身に付けるための科目です。年間を通した実習により、教員の職務全般を豊かに経験します。
  • 課題研究:学校実習での実践経験を省察し、実習を改善するための討議を行うとともに、学生自らが学校現場から課題を見いだし、その改善や解決に取り組み教育実践研究を進める能力を身に付けるための科目です。

PAGE TOP