教員の紹介

泉 真 由 子
研究分野 特別支援教育、病弱児教育、インクルーシブ教育
研究の紹介 専門は、特別支援教育です。学生時代は主に慢性疾患の子どもの心理・教育上の問題について、量的調査・分析法を用いた研究に取り組んできました。最近では、地域の学校における教育相談等での関わりを通して、慢性疾患だけではなく発達障害や様々な不適応状態の児童生徒やその保護者を、学校を含む地域社会全体でどう支援していくかに関心を持ち、量的・質的両側面から研究しています。
院生へひとこと 「特別支援教育」が始まって約10年が経過しました。「1人ひとりの子どものニーズに応じた教育」は広く知られるようになり、多くの学校で実践がなされるようになりました。そして次は「インクルーシブ教育」の実現に向けて動き出しています。日本において実現可能なインクルーシブ教育のかたちを、質的・量的の双方の研究的視点を持ちながら、大学院生の皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
大 島 聡
研究分野 教育工学、情報教育
研究の紹介 情報教育、特に情報モラル教育を専攻しています。ネットがらみで様々な問題が現れてきて、この領域は現在の問題の核の一つだと思いますが、情報が得体の知れないもののように、情報教育も情報モラル教育も、得体の知れないものであるように感じてしまいます。授業ではこの得体の知れないものに、できるだけいろいろな角度から切り込んでみたいと思っています。
院生へひとこと 年をとって、頭も体もポンコツ度合いが進行しています。ツッコミどころは多いと思いますが、温かい目で見てお付き合いください。
髙 木 ま さ き
研究分野 教科教育学、授業研究、教材研究
研究の紹介 国語の教育実践を中心に研究をしてきましたが、現在は、教科等を超えて、あるいは教科等に通底する授業やカリキュラムの重要な核に興味があります。資質・能力の育成、主体的・対話的な深い学びはすべての教科等の指導に共通した構成要素があると考えます。そうした自覚を高め、同僚とともに伸びようとする教員の育成についても研究を深めているところです。
院生へひとこと 私自身、都立高校の教師でもありましたし、その後、小中高の多くの学校現場から学びました。教員養成・育成において、実践重視は当然のことですが、そこに埋没せず、より広い視野から、教育活動を俯瞰し、理論的に分析できる力の育成が大事だと考えています。そうした力が、実践力を高め、学級・学校経営の力を高めると思います。皆さんとともに、多くのことを学び合いたいと思います。
野 中 陽 一
研究分野 教育工学、教育の情報化
研究の紹介 教育の情報化に関わる教育実践や実践を支える教室のICT環境を対象とした研究に取り組んできました。諸外国と比較して教育の情報化が進まない日本の現状を分析し、普及のためのモデルや学校の情報化の状況を自己評価する学校情報化診断システムの開発も行っています。今後は、対象を初等中等教育だけでなく高等教育にも広げ、ICT活用、ブレンディッドラーニングによって深い学びを実現する授業デザインのあり方についても研究を深めていきたいと思います。
院生へひとこと すでに30年以上前になりますが、横浜市の小学校の教員だった私は横浜国立大学の大学院で学ぶ機会を得て、教育工学と出会いました。大学内での学びも貴重でしたが、全国各地の学校(最後には米国の学校も)を訪問して授業を参観したこと、学会に参加したこと、職種や分野を超えて多くの人と出会ったことが財産となりました。教職大学院のカリキュラムを通して学ぶことに加え、学外に積極的に出て学ぶこともお勧めします。何が学べるか、はあなた次第です。
渡 部 匡 隆
研究分野 特別支援教育 発達障害 応用行動分析
研究の紹介 自閉症スペクトラム等の発達障害の特性や、適切な指導や配慮の方法を明らかにすることに取り組んできました。そして、通常の学級、通級による指導、特別支援学級、特別支援学校に在籍する発達障害児の効果的な教育実践のあり方について、学校現場と連携しながら考えています。また、学校現場において生じた児童生徒の行動的な問題の解決について、コンサルテーション等を通して教職員と協働して取り組んでいます。
院生へひとこと 教師には、自らの実践をことばにする力、根拠をもとに客観的に実践を振り返る力が必要と考えています。それらの力は、教育実践と振り返りを繰り返す中で育成されると思います。大学院でそれらの学びに取り組み、特別支援教育の発展に一緒になって取り組んでいきましょう。
脇 本 健 弘
研究分野 教育工学、メンタリング
研究の紹介 教師の成長や支援に関する研究に取り組んでいます。現場に貢献できる研究をモットーに、調査・開発・実践などあらゆる研究手法を用いて学校現場の問題解決に資する研究を心がけています。教師の成長を促す職場環境や関係性、経験はどのようなものなのか、調査により明らかにし、それらの知見をもとに研修やツールの開発に取り組んでいます。これまで特に若手教師の支援(メンタリング)に関する研究を行ってきました。最近ではミドルリーダーや管理職の成長に関する研究もすすめています。
院生へひとこと 大学院で得られることのひとつとして、現場をメタに見られるようになることがあると思います。具体的には、「自分たち(の関わる諸々)」について分析的に捉えられるようになり、現場を科学的に分析できるようになることで、現場の改善の提案が行えるようになります。日頃の教育実践をより多様な視野で捉え、良くしていきたいという先生がいらっしゃいましたらぜひ大学院に来て下さい。
石 塚 等
研究分野 教育課程、教育行政
研究の紹介 教育課程、学習評価、教育行政を専門領域としています。新しい学習指導要領においては、育成すべき資質・能力のとらえ方、アクティブ・ラーニング、カリキュラム・マネジメント、学習評価の充実が大きく注目されています。こうした改訂の趣旨を学校の教育課程の中でどのように実現していけばよいか、教員養成・教員研修はどうあるべきかについて取り組んでいます。
院生へひとこと 教育を取り巻く課題が複雑化するとともに学校への様々な社会的要請が一層高まる中、よりよい教育活動を実践する力や組織をマネジメントする能力が重要となっています。教職大学院での学びが学校現場での実践に役立つよう力を尽くしていきたいと思います。
大 内 美 智 子
研究分野 教育学(総合的な学習、校内研究マネジメント、学校経営・学級経営)
研究の紹介 これまで理科・生活科・総合的な学習等の授業を中心とした効果的な教育実践のあり方について、多くの学校の授業研究にかかわりながら研究をしてきました。また、教師の力量を高める指導力・授業力向上のための授業研究のあり方やよりよい教育課程を実現していくための校内研究・研修のあり方について考え、学校全体を活性化していくための組織マネジメントについて研究を進めています。
院生へひとこと 「教育は人」当たり前のことですが、教育は一人ひとりの教師によって一人ひとりの子どものよりよい成長を促すことによって成されます。このとき教師は様々な視点で力量を備えていることが望まれます。私は長く教育現場で優れた授業や指導を実現するための研究に取り組みましたが、いつも幅広い視野を教師が持つことの大切さを感じてきました。また、学校の教育は一人で担うものではありません。大学院では、個人の力を高めることはもちろんですが、次代を担う子どもたちの成長を育む教育のあり方や学校組織のあり方を捉え直し、自分のさらなる可能性を見いだすことができると考えます。
佐 野 泉
研究分野 教育学(生徒指導、特別活動、教育相談)
研究の紹介 主に教師の子ども理解に関する研究を行っています。特に注目している点は、幼小・小中・中高・高大の、異校種への接続に関する問題における課題解決または緩和に向けた考え方及び取り組み方についてです。最近では、接続期に限定せず、教師と児童生徒、児童生徒同士、教師同士、教師と保護者など、様々な立場における人間関係育成、チーム支援体制、及び他機関との連携についても注目しているところです。
院生へひとこと 生徒指導・特別活動・教育相談は、すべて人間関係育成に関わる分野です。現代社会の課題を踏まえて、教師の子ども理解を如何に深化させていくか、また深化させた考え方を学校教育においてどのように活用していくか、という点について興味関心がある方は、是非一緒に学びを深めていきましょう。
名 執 宗 彦
研究分野 特別支援教育、学校経営
研究の紹介 特別支援学校学習指導要領に基づいた学校現場での教育課程の整備に取り組んできました。ここに示されていることを様々な実態の子どもに伝えるには、授業やその他の場面で具体的にどうすることなのかといつも考えています。また最近は、重度の知的障害のある児童生徒がいる通常の学級における、インクルーシブな授業づくり・学級づくりに関心を持っています。
院生へひとこと 学校で毎日忙しくしていると、クラスの子どものこと、同僚のことなど気にはなっていてもなかなか取り組めないでいることがたくさんあると思います。教職大学院は、午前中はアクティブに講義に参加しながら、午後は定期的に学校にも行けるといったちょうどいい距離感の中で、気になっていたことに関われる環境にあります。私も自分の経験を生かして、そのお手伝いができればと思っています。
米 澤 利 明
研究分野 教育経営、組織マネジメント、教育実践学
研究の紹介 主に教育実践領域の理論化に関する研究に取り組んでいます。最近は特に、今後ますます重要になってくる教育の実践と理論を統合・往還させるための「新たな教育実践論文」の形式をどうするかという問題に興味があり、研究をすすめています。
院生へひとこと 教育の真実は事実として学習者を成長させることにある、と思います。そのためには、学習者の多様な可能性を信頼すること、そして学習者を成長させる具体的手立てをもつことが大切でしょう。教育実践者としての誇りをもちながら、時代の流れを直視し、未来を展望できる、そんな実践者を目指して共に学んでいきましょう。
小 池 研 二
研究分野 美術科教育学
研究の紹介 中学校を中心とした美術科教育を研究しています。特に国際バカロレアプログラムの美術教育を調査しており,我が国の美術教育に生かすことができるかを研究しております。現在は,探究的・概念的な学び,教科横断的な学び,私たちの生活とつながる美術,美術館との連携による美術鑑賞教育などについて考えています。
院生へひとこと 私は,東京都の公立中学校,国立の附属中学校で教員として現場にいました。現場では日々苦労の連続でしたが多くのことを仲間と共に学びました。それが現在ではかけがえのない私の財産になっています。中学校でも,できるだけ教室から出て美術館や地域の人たちと連携できるような授業を考えてきました。これからも皆さんと美術に限らず様々なことを考え学んでいきたいと思っています。
両 角 達 男
研究分野 数学教育学、授業研究、学習過程の質的分析
研究の紹介 小学校算数や中学校・高等学校数学の教材研究、代数領域の数学的活動や単元の開発、授業における子どもたちの学習過程の質的分析に関する研究を行っています。また、「問い」を軸とした授業論や、授業における教師の役割にも研究の関心を持っています。算数・数学の学習を進める上で、「ことばをつむぐこと」、「スパイラルに学ぶこと」、「内省する問いをもつこと」が大事です。このことは、他教科の学習にも通じる、対話的な学び、深い学び、主体的な学びをとらえる視点になるのではと考えています。
院生へひとこと 私は、中学校や高等学校で数学教師として勤務し、学級担任等の校務もしてきました。その後、神奈川県内を中心に、多くの小学校や中学校、高等学校の先生方と協働して授業づくりや授業研究をしたり、授業を核とした学校研究に取り組んだりしてきました。
学級経営も、生徒指導も、学校経営も「基本は授業」です。「先生の授業がおもしろいから、学校に行くのがとても楽しみ!」や「先生の授業に関わる内容について、もっと勉強したい!」という子どもの声は、教師にとって大きな原動力となります。よりよい授業実践、単元やカリキュラム開発、さらなる授業改善に向けて、理論と実践との往還を重視したこの教職大学院で、おおいに議論し、一緒に学びましょう。
椎 名 美 由 紀
研究分野 教育の情報化
研究の紹介   学校における教育の情報化の推進に取り組んでいます。ICTを効果的に活用した授業の在り方や、子どもたちが学校の中で身に付けるべき情報活用能力などについて研究をしています。また、学校現場に寄り添いながら、ニーズの高まる情報モラル教育や授業をささえるICT環境整備などについて取り組んでいます。
持 田 訓 子
研究分野 特別支援教育
研究の紹介   教育相談を通して、学校生活に苦戦している子どもたちやその子どもを支える保護者、教職員の支援に取り組んでいます。校内支援体制の構築や関係機関との連携など、チームとしての学校の在り方に関心を持っています。また、子どもの多様なニーズに応じる教育実践の在り方についても研究を深めていきたいと考えています。
柳 澤 尚 利
研究分野 教師教育
研究の紹介   教員の資質・能力の向上のためのメンターチーム等の校内人材育成や教員研修の推進に取り組んでいます。今後さらに多様化する教育的ニーズや、教員を取り巻く環境の変化等に対応するための、校内人材育成や学校組織、教員研修の在り方を研究しています。学校組織マネジメントを活用した学校の組織力を推進についての研究もすすめています。

ページの先頭へ